MENU

借金の過払い金とは?

世の中には立場の弱い人を食い物にする悪質な業者が蔓延って居るんですよ!
お金を貸してくれる消費者金融やカード会社も、もしかしたら悪質な業者かもしれません。
なぜこんなことを言うか疑問に思いますよね?
理由は簡単なんです。法律に違反する利息を奪っている会社がたくさん存在しているからです。

 

お金を貸したら利息が発生しますが、これは利息上限法によって上限が厳密に決めらているんですよ。
100万以上なら年の利息が15%まで、10万以上100万以下なら18%まで、10万以下なら20%です。
この利息を超える利息を取られていたら、それは利息上限法の法律に違反しています。
違反している会社に返還請求を行えば不条理に奪われた利息が戻って来るんです。
テレビCMでも聞いたことがあると思いますが、過払い金返還請求って言うんですよ。

 

どうしてこのような違法利息が横行していたかと言うと、グレーゾーン金利が関係しているんです。
グレーゾーン金利って聞いたことありませんか?
出資法の利息上限を利用していて、本来なら支払わなくて良いお金が取られていたんです。
生活が苦しくて仕方なくお金を借りている人に対して、不必要に高い利息を払わせるなんて最低の行為です。
こうした悪質な過払い金は絶対に取り戻さないといけません。

 

過払い金の金額は1万や2万では無いんですよ。
長く借金返済を続けていれば居るほど、過払い金の金額は大きくなります。
中には400万以上の過払い金が判明して取り戻すことに成功した人も居るぐらいです。
少額でも10万程度はありますし、30万や40万ぐらいの金額なら該当する人がゴロゴロ居るでしょうね。
100万を超える過払い金も珍しくはありません。
立場が弱いこと、知識が無いことを悪用して、こんな大金を奪って私腹を肥やしているのです。

 

もし過払い金があれば、過払い金返還請求をすれば100%勝利できます。
過払い金の返還を拒むのは法律に反することなので、間違いなく取り戻すことが出来るんです。

 

既に借金を完済してしまっている人でも、過去の取引を遡って請求できます。
完済していても、過去に理不尽な金額を奪われている可能性は高いですから、絶対に利息の再計算を行うべきですね。
ネットでは簡単に利息の再計算が行えますし、弁護士に相談すれば正確な計算をしてくれます。
この過払い金の時効は10年です。
10年以内なら過払い金を取り戻せるんです。
悪質な会社に一矢報いるためにも、過払い金の請求を弁護士へ依頼しましょう。

過払い金を返還してもらう流れ

過払い金が発生していて返還してもらうとしたら、どのような手順を行うのか気になりますよね?
流れを知っていれば実際の行動もしやすくなります。

 

まず、過払い金を返還してもらう流れを紹介しますね。
ステップ1として、過払い金が本当に発生しているかを確定させないといけません。
そのためには正確な取引履歴を手に入れて、毎月ごとに利息の再計算をするんです。
何月にいくら返済して、借金の残額がいくらだったか、1円の狂いもなく正確に把握している人はほとんど居ないですよね。
当時の記録を正確に書き残していない限り分からないので、お金を借りていた消費者金融やカード会社に取引履歴の開示を求めましょう。
電話や直接訪ねて取引履歴が欲しいと言えば応じてくれますよ。
この際、必要な書類があるので作成して送りましょう。そうすれば取引履歴が手に入ります。
取引履歴を開示しないのは違法行為になるので、そのような場合は弁護士や司法書士に相談するようにしてくださいね。

 

ステップ2は取引履歴を元に利息の引きなおしを行います。
借金が10万以下なら20%、10万から100万なら18%、100万以上なら15%が利息の上限です。
毎月の利息を計算し、この上限を超えていないかチェックすることになりますね。
3年間返済していたら、3年分の利息を計算しなければいけなくなります。
借りている消費者金融ごとに行うので、3社から借りていたらそれぞれ別に算出します。
計算ミスがあると無駄になってしまうので注意しましょうね。

 

ステップ3は発覚した過払い金を返還するように相手へ連絡します。
この際、内容証明郵便で配達証明を付けた上で、過払い金返還請求を行ってください。
なぜなら、資料が届いていない、見ていない等の問題を避けるためです。
内容証明郵便であればどのような書類を送ったのかを証明できますし、配達証明があれば誰がどこに送った物かを証明できます。
よって、後になって知らないでは済まない状況を作り出せるんです。

 

ステップ4は相手の対応です。
弁護士や司法書士が行う場合は問答無用で全額返金するのが基本となりますが、個人で行うと交渉を行われる可能性があります。
例えば、経営状態が厳しいので100万ある過払い金を50万にして欲しい、と言った内容です。
他にも遅延が発生していたとか、法律が変わっているとか、何かしらのデタラメを言ってごまかそうとすることもあるので警戒してください。

 

以上が過払い金返還の流れです。
弁護士や司法書士に頼めば、あなたは待って居るだけで良くなるので必要に応じて依頼しましょう。

過払い金返還請求はこちらの要求通りお金は返ってくるの?

過払い金返還請求をしたら、全額が希望通り帰って来るのか?
非常に不快なことですが、答えはNOです。

 

過払い金は違法に奪われた物にも関わらず、それが全額返済されないケースもあるんです。
どのような場合にこうした問題が起きるのかと言うと、個人で過払い金返還請求をした場合です。

 

実は弁護士や司法書士に過払い金返還請求を行うと、費用が高くなってしまうんです。
具体的には着手金に5万程度、成功報酬として取り戻した金額の20%ぐらいが取られます。
100万の過払い金があった場合、弁護士等に依頼すると手元に残るお金は75万になるんです。

 

こうなると、高額なお金を取られるぐらいなら自分でやろうと考える人がそこそこ出てきますよね。
個人で過払い金返還請求を行うと、内容証明郵便等の費用で数千円が掛かる程度です。
数十万の節約になるなら個人でやる方がお得ですよね。
ネットには過払い金の計算方法などが細かく紹介されているので、しっかり調べてやればどうにかなるでしょう。

 

しかし、ここで浮上してくるのが、過払い金が全額返還されないリスクです。
弁護士等は法律のプロフェッショナルです。消費者金融なども下手にごまかしが出来ないことを知っているので、過払い金の全額返還に素直に応じてきます。
ですが個人が相手だとあの手この手で返還する過払い金の金額を減らそうとしてきます。

 

実例をいくつか紹介しましょう。

例えば、会社の業績が悪いので過払い金の半分しか支払えない、と言ったような内容の電話で交渉を持ちかけらえる場合です。
もちろん、このような交渉に応じる必要はありません。そもそもが違法な利息で奪われたお金なんですから、全額返還してもらうのが当然なんですよ。

 

別の例だと、分割払いを提案してくるケースです。
手続きの都合上などともっともらしいことを言いながら、分割払いの最初だけ支払って、途中から支払いを中断する業者も居ます。

 

また、支払いは半年後になると告げられる場合もあるんです。
過払い金は即時全額を支払うのが当然なのにです。

 

この時、全額を一括で、今すぐ支払えと強く出るのが大事です。
相手の交渉に応じる態度を見せれば、そこに付け込んで来るのが悪質な業者ですね。
時には、交渉に応じないなら過払い金は支払えないと言った、自分勝手な理論を言い出す場合もあるでしょう。
こうなると弁護士などの専門家を頼るしかなくなるため、妥協できる提案であれば受け入れるのも1つの手段です。
ちなみに、返還される金額の減額を許すと、最初から弁護士へ依頼しておく方が簡単で楽だったとなります。
過払い金の金額にもよりますが、基本的には専門家へ依頼する方が安全ですね。